当日にすみません。ホワイトデーに NG なお菓子があるそうです

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

男性の皆さん、ホワイトデー当日ですね! バレンタインデーのお返しの準備はよろしいでしょうか?
すでにご準備されている方がほとんどかと思います。もしかするともう既に渡された方もいらっしゃいますか?
そうであるなら申し訳ございません、皆様にもっと早くお伝えするべきでした。ホワイトデーのお返しに選ばないほうが良いお菓子があるそうです。

white day valentine day

(当店お菓子は取り扱っていないため、写真はイメージ鹿革製品でお送りします。)

そもそもホワイトデーの始まりって?

本題の前に、ホワイトデーのおさらいです!
ホワイトデーの起源には諸説ありますが、日本で誕生したことは間違いなく。以前のブログでは「全国飴菓子工業協同組合説」のみを紹介していましたが、あと2つの説がありました。

全国飴菓子工業協同組合説については上の記事をお読みください。

他の説はまず、「不二家・エイワ説」。
菓子メーカーである不二家さんが「リターン・バレンタイン」という名称でキャンペーンを初めたそうです。それにマシュマロで有名なエイワさんが協力し、「メルシーバレンタイン」キャンペーンと称してマシュマロを販売することにしたのです。

そして、「石村萬盛堂説」。
こちらは黄身餡をマシュマロ生地で包んだ和菓子「鶴乃子」が有名なお店。
「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ。」
というコンセプトで立ち上げた「マシュマロデー」が始まりです。後にマシュマロの白を想起させる「ホワイトデー」と名称を変更したそうです。
石村萬盛堂さんの Web サイトにも特設ページがありました。

ホワイトデーはここからはじまった | 石村萬盛堂 ホワイトデーの発祥

どこが発祥かは今となってはわかりませんが、日本人の「プレゼントを貰ったらお返しをする」という謙虚で優しい気持ちが発端となったのは間違いありません。
お菓子業界の経営戦略と言われてもいいじゃありませんか。約40年前に日本で生まれた行事であることを誇りに持ってお返しを選びましょう!

white day colour

40年の歴史の中で生まれていた意味

さて本題です。
ホワイトデーのお返しにお菓子を選ばれる方は多いと思います。その選んだお菓子! 意味があるのはご存知でしたか?
渡す側は気にしていなくても貰う側は意外と気にするかも?
以下にまとめましたのでご覧ください!

マシュマロ

不二家さん・エイワさんや石村萬盛堂さんがオススメしているマシュマロ。石村萬盛堂さんが仰るようにチョコレートをマシュマロで包めば「あなたの気持ちを柔らかかく包んでお返しします」。
ですが! マシュマロ単体だと口の中で溶けて無くなってしまうことから「忘れたい人」、「嫌いな人」という意味に。なんやて。

キャンディー

全国飴菓子工業協同組合さんが提唱した「キャンデーデー」。
その意味はマシュマロと逆で長く味が続くこと、固くて割れないことから「好きな人」。どストレートですね。

クッキー

クッキーはサクサクとドライな食感です。それが転じて「お友達」という意味に。
義理チョコならぬ義理クッキーといったところでしょうか。

マカロン

私未だにマカロンって何者かわかっておりませんが、なんとなく高級なお菓子のイメージがあります。皆さんもそう思いませんか?
ということで、「特別な人」に贈りましょう。

キャラメル

「一緒にいると安心する」という意味ですが、由来は曖昧。
独特の風味や甘みが温もりを感じさせてくれるからでしょうか。

マドレーヌ

貝をモチーフにしたお菓子、マドレーヌ。貝は2枚でぴったり重なることから「円満な関係」や「縁結び」を表します。
これからそんな関係になるために「もっと仲良くなりたい」お相手に贈りましょう。

バームクーヘン

バームクーヘンは直訳すると「木のお菓子」。木に刻み込まれる年輪のように二人の関係が永く続きますように。
「幸せが永く続きますように」、そんな風に思えるお相手が私にも現れてくれないでしょうか。

white day sweets

有名どころはこんなところです!
「やばい! マシュマロ単品で準備してる! or もう渡した!」方は急いでお手紙書いてください。

と言っても、約40年の短い歴史の中で知らず知らずのうちに生まれていたお菓子の意味です。気にしないという手も全然ありですよね。
個人的にはプレゼントは気持ちがこもっていて、その気持ちが相手に上手に伝わればオールオッケーだと思います!

今回、イメージでしか鹿革製品が登場しておりません。
お菓子のお返しもいいですが、本命の方にはちょっと奮発して革小物のお返しもかっこいいですよ! ホワイトデーちょっと遅れても大丈夫ですよ!

chocolate in marshmallow

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ記事はコチラ

bag kabankobo banner
Web サイトはコチラ