2019年のラッキーカラー3色目! ゴールドの革製品ってありますか?

こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

本日は2019年ラッキーカラー特集第3回。本年のラッキーカラーは「赤」、「白」、「ゴールド」らしく、前回は鞄工房山本の「白」である「月白」、その前は「赤」として「茜色」の革製品を紹介しました。

月のように幻想的な、月白の革製品を持って新しい自分を発見してみる | 革製品ブログ

2019年のラッキーカラーは? 運が良くなる長財布、名刺入れ、ブックカバー | 革製品ブログ

そして本日はいよいよ、鞄工房山本の「ゴールド」をご紹介します! 当店にはゴールドの革製品、あるんです。

キラキラ輝かないゴールド、「黄金色」

早速ですが見ていただきましょう、こちらです!

all brown gold leather goods

おー、紛うことなきゴールドですねー。なんてったってこちらの色の名前、「黄金色」といいますからねー。英名も brown gold ですもんねー。
いや、嘘はついていませんよ! キラキラ光沢がないとゴールドじゃないなんてことはないんです!
そもそも金属光沢を含まなければキラキラしないんです。そして現に、そんな技術もなかった頃の古代人はこの色によって「金」を表現していたみたいですよ。

さてさて読み方ですが、実は色々あります。こがねいろ、きんいろ、おうごんしょく、こんじき、などなど。当店では一般的に読まれる「こがねいろ」を採用しております。

ちなみに別名として「山吹色(やまぶきいろ)」とも呼ばれます。こちらの方に馴染みがある方もいらっしゃるのでは。これは植物の山吹の花の色に由来しています。

そんな黄金色の気になるアイテムたちですが、単色4種類、

brown gold wallet card case book cover

  • ブックカバー(文庫本) 15,000円
  • 長財布(小銭入れ付き) 36,000円
  • 束入れ 36,000円
  • 名刺入れ 15,000円

に加え、バイカラー3種類、

bi-color gold brown ecru beige indigo blue

  • 束入れ(スリム・バイカラー)黄金色 × 生成り 29,000円
  • 名刺入れ(バイカラー)黄金色 × 紺藍 12,000円
  • 名刺入れ(バイカラー)紺藍 × 黄金色 12,000円

となっております。

黄金色と相性が良い「紺藍」

黄金色のアイテムを並べたとき、なんか青いのがいましたよね。しれっと紹介しましたが、あの青いのは「紺藍(こんあい)」といいまして、当店でのいわゆるネイビーのカラーラインナップです。紺です。

この紺藍が黄金色とすこぶる相性が良かったんで、バイカラーの名刺入れを2パターンもつくっちゃいました。それだけ並べると、こんな感じ。

gold brown indigo blue

ただ横に並べただけなのにコントラストが綺麗。そしてそれを開くと、

opened gold brown indigo blue

まるでオセロのよう。黄金色ベースにするか、紺藍ベースにするか。悩むところですね。どちらにしても、名刺交換するときに遊び心が見え隠れするアイテムとなっております。

黄金色一色のアイテムだと、若い方は少し持ちにくく感じるかもしれませんが、この2つの名刺入れは全然違和感なくおしゃれに持てそうです。
ビジネスマンとビジネスウーマンのカップルで1つずつ持つのも可愛い。お揃いじゃないように見えて実はお揃いという。

ゴールドが象徴する運勢

さて、そろそろ私のにわかな風水ブログで締めくくりたいと思います。

ゴールドといえば、言わずもがな連想されるのは金運ですよね。そして金運だけでなく、地位、富、権力、そして成功を象徴します。またまた、才能の開花を促す効果もあるとか。なんだかゴールドを持つだけでなんでもできそうな気がする。

才能開花のためのタイミングが良くなったり、チャンスを逃さなくなったり、成功の後押しをしてくれるのがゴールドだそうです。アイテムとしては、月白と同じくお財布を持つのを風水的にはおすすめします。

でも結局、そのタイミングやチャンスに行動するかしないかは自分次第。ひとつのきっかけづくり、くらいの感覚で黄金色のお財布を身につけてみてもいいのでは。

カラーバリエーションがあれば、いろんなコーディネートを考えるのが楽しくなります。その時に重視するのが服との相性だったり、あまり持っていない色を選んでみたり、はたまた風水を考えてみたり。いろんな見方で、楽しく革製品選びをしてみてください。そのために我々鞄工房山本スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。お店にいらした際も気軽に相談してくださいね。

鞄工房山本 晴之