鹿革でできた小銭入れがビジネスバッグに続いて新登場!

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

ビジネスバッグの販売が目前となったタイミングからひたすらに続けてきたビジネスバッグ特集。今回はお休みです。
久しぶりに鹿革に登場してもらおうと思っております。

お待たせしました皆様。遂に! 遂にです! 束入れのお供、「小銭入れ」の登場です! 「コインケ-ス」と言ったり「Coin Purse」と言ったりするヤツのことです。

ビジネスバッグと同様、チラ見せしかしてくれなかった小銭入れの記事は下からどうぞ。3月13日の記事でした。本当におまたせしました。

実はビジネスバッグに全面に出てもらっている間、その水面下では小銭入れの製造をたんたんと進めていたのです。それがいよいよ形となったわけです!
では、余すところなくその魅力をご堪能ください!

小銭しか入らない小さな小さな小銭入れ

中途半端な写真はお見せしません! どうぞ!

coin purse hook

閉じた時。

coin purse hook

開いた時。

「可愛い! けどどうやって使うん?」はい、私もデザイン画の初見ではそう思いました。これがなかなか面白くて可愛らしい使い方なのです。

可愛い小銭入れの可愛い使い方

写真つきでコインのしまい方をご説明しましょう! コインの動きを頭の中でイメージしながらついてきてください!

  1. 小銭入れがあっかんべーしているところにコインを入れる。

/coin purse hook usage

  1. あっかんべーしていない方に小銭入れを傾けてコインをスルスルッとあっかんベーしていない方に送る。

coin purse hook usage

  1. 小銭入れを持ち替えてホックを留める。

coin purse hook usage

これで袋状になっている方(あっかんベーしていない方)にコインがすべて移動しているので、振ったりしても隙間から落ちることはありません!
コインを出す時は以上の手順の逆再生でお願いします。慣れるまでは少し操作に手こずるかもしれませんが、コインが小銭入れを移動する感触が面白くて可愛くてすぐに慣れちゃいます!

サイズ感と手触りを鹿革で楽しむ

今回つくった小銭入れ、コインしか入らないようなコンパクトサイズであえてご用意しました。カードなどは入りませんが、そのサイズはホックを留めた時でなんと約 7.5cm 四方。
正方形っていうのも実は今までに鞄工房山本になかったかたちです。その小ささの理由は2つございます。

1つ目は気軽にいつでもどこでも持っていけるように!
このサイズなら鞄の中はもちろん、パンツのお尻ポケットにも前ポケットにも入れておくことが可能です。前ポケットに快適に入るサイズのお財布や小銭入れなどの小物って実は少ないんです。入ったとしても取り出す時につっかえます。座っている状態で取り出すときなんて尚更です。
ですが! このサイズと鹿革ならではの柔らかさなら何のストレスもなくポケットの出し入れができますよ!

2つ目は鹿革の柔らかさを今まで以上に味わっていただけるように!
今までの鹿革製品ももちろん柔らかいのですが小物の特性上、どうしても芯材を入れていたりカードを入れたりすることで固くなってしまっていました。
しかし! 今回おつくりした小銭入れは全体に芯材を使っておらず、カードを挟む余地もないため思う存分鹿革の柔らかさを実感していただけます! ギュッと握っていただいても何の問題もありません!
鹿革の手触りの良さを十二分に実感できるアイテムができました!

小さいながら細かいところにもこだわりが

小さいアイテムですが、鹿革製品の中では新しい縫製にチャレンジしているのです。実は。
そのお話もしたいのですが少々マニアックなお話になりますので、もっとわかりやすいところのこだわりをご紹介します!

まずは全鹿革アイテム共通の「鞄工房山本 × FUJIOKA DEER」ダブルネームロゴをもちろんスタンプ!

coin purse hook logo

憲法黒だと少しわかりにくいですが、それもまた渋くて私は好きです。

もう一つ、ホックボタンにご注目。

coin purse hook italy

いつものホックボタンよりもちょっといいホックボタン、その名も「イタリーホック」と言います。
ツルッとした面にプクッと出ているホックが可愛いのです。

そしてこの丸っこいフォルム。
正方形のかたちに四隅の R をいつもより大きくとったので、パッと見た印象も柔らかくメンズ、レディースともに持っていただけます。小銭入れの相棒、束入れは少し男性に寄ったアイテムですが、この小銭入れなら女性の方も単品でも持ちたくなる愛らしさです。
指輪やネックレスなどのアクセサリーケースとしてお使いいただいてもいいかもしれません!
今までのカッチリとした鹿革製品の印象ではなく、新たな鹿革製品の一面を見ていただけますよ!

そういえばもう片方の鹿革小銭入れは……

冒頭で復習しました3月13日の記事を読むと、何やらもう1タイプのファスナーが付いたような小銭入れの型もあるようですが……
ご安心ください! そちらも水面下でしっかりと進行中です! お見せできる日も遠くありません!
予告しておきますと、もう片方のタイプは今までのカッチリした鹿革製品の並びに属します。今回ご紹介したものより少し大きく、多機能です!

実は小銭入れを新調したい私。双方を比べてどちらにしようか迷ってしまいます。もういっそのこと両方買ってしまおうか……そうすると使わない方が出てきてそっちの小銭入れがかわいそうだし……
迷っております。
もう片方の小銭入れを紹介できたら、2つを比較する記事を書きながら考え直すことにします!
皆様のご意見もお待ちしております!

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ記事はコチラ

bag kabankobo banner
Web サイトはコチラ