ランドセルの展示会で、鹿革製品が全国を旅するのだ。

皆様こんにちは。鞄工房山本の二見です。

王子のブログでは、ミラノを旅する〈生成り・ブックカバー君(15,000円 税別)〉が登場しました。

イタリアはカサノバの国、といっても〈生成り・ブックカバー君(15,000円 税別)〉はマジメ。お相手(=文庫サイズの本。350ページまで。あるいは思い切ったアバンチュールでも B6 サイズの手帳)をみつけられないまま、帰国しました。

ある日の鹿革製品たちの会話

せっかくフェレーロのロシェをお土産に持って帰ったのに、帰った途端、傷心の彼に追い打ちをかけるように、仲間たちが責めます。
「一人だけなんで旅行してんのん? ずるい!」

「まあまあ皆さん落ち着いて」
〈赤銅色 × 薄藤色・名刺入れ(バイカラー)さん(12,000円 税別)〉はいつもやさしい、まとめ役です。
「次はみんなで行きましょうよ。
それに、パスタより柿の葉寿司。ジェラートよりだんご庄さんでしょう。
食べ物だけじゃなく、ミラノのドゥオーモだって、春日大社に比べたらただの石色で辛気臭いわよ」

card case maroon wisteria bicolor

みんなは、〈赤銅色 × 薄藤色・名刺入れ(バイカラー)さん(12,000円 税別)〉が、いつもおしとやかな割にパンチの効いた色彩感覚なので少々驚きました。

でも、まだ奈良の外に行ったことがない鹿革製品達からするとその提案は、
「え~っ、それめっちゃ近所やん!」
「昨日食べたわ!」

「ヘルシーな吉野葛もいれてーな」と付け加えたのは、スマートで洒落者の〈憲法黒 × 千歳緑・束入れ(バイカラー・スリム)君(29,000円 税別)〉です。

long wallet kempo black forest green

やんちゃな〈菜の花色・ブックカバー君(15,000円 税別)〉は、ミラノに一人だけ行っていた〈生成り・ブックカバー君(15,000円 税別)〉への嫉妬もあるのか、納得がいかない様子。
「せめて奈良以外の46都道府県のどっかでご当地ラーメンくらい食べたいわ!」

book jackets deerskin

作家の〈束入れ(夢こうろ染)氏 (60,000円 税別)〉は、昼間だと言うのにブランデーのグラスを片手に葉巻の煙をくゆらせています。この会話をきいてニヤリ。彼は事情通で、まだみんなが知らない情報も持っている事が多いので、一目置かれているのです。
「フン、ちょうどええやんか。横浜ラーメンと博多ラーメン行けるで。ラーメンだけやない……名古屋の味噌カツも!」

mr yumekourozome wallet

鹿革製品みんなが色めきたちます。
「ええっ、そんなん聞いてないけど嬉しいわ」
「みんな見てくれはるかな」
「〈束入れ(夢こうろ染)氏 (60,000円 税別)〉かっこつけ過ぎとちゃうか?」
「触ってくれはるかな」
「可愛いって思ってくれはるかな」

「でも行けるのってなんで?」

鹿革製品が全国6箇所で展示会に登場

なんで?かというと、鞄工房山本がランドセルの展示会を開くのです。その展示会でこれまでご紹介してきた革製品の展示も行います。
展示会は 3/16(土)・17(日)の横浜を皮切りに、全国6箇所で開催します。46の都道府県で、というわけにはいかないのですが……

予約制ですので詳細はぜひランドセル Web サイトを御覧ください!

展示会スケジュールと開催地

ランドセル発売日前のスケジュール:

  • 横浜……2019/3/16(土)・17(日)
  • 大阪……2019/3/23(土)・24(日)
  • 名古屋……2019/3/30(土)・31(日)

ランドセル発売日後のスケジュール:

  • 博多……2019/4/13(土)・14(日)
  • 大阪……2019/4/20(土)・21(日)
  • 埼玉……2019/4/27(土)・28(日)
  • 広島……2019/5/4(土)・5(日)

※ランドセルの発売日は 2019/4/7(日)です。
※4/7 以降の日程の展示会は、ランドセルの在庫状況によっては中止となる可能性がございます。中止の場合は、鞄工房山本の Web サイト及び、Facebook にてお知らせいたします。


開催地を地図と鹿で示すとこうなります。

exhibition map deerskin leather goods

え? なんですって?
ちょっとわかりにくい?
そうですか。

もちろん柿の葉寿司とだんご庄さんの奈良でも開催します!


残念ながら、革製品をその場でお買い求めいただくことは出来ないのですが、触り心地をご体験いただけます。なにより、どんなに写真がものを忠実に再現していても、実物ではないので、この機会にぜひ御覧ください。
会場では、鹿革製品に限らず、ランドセルと共革で作ったパスケースも展示いたします。

pass holder randoseru

「そんなん、パスケースは置いといて、主役はワシらやろ! なんせ展示会、てんじかい、てん・鹿・い! やからな!」
ここぞとばかり親父ギャグを放ってごきげんなのは、〈焦がれ色・束入れ氏(36,000円 税別)〉です。気取りがなくて、優しい人なのですが、これだけは玉に瑕です。

brown long wallet

このなんやかんやを聞いているうち、〈生成り・ブックカバー君(15,000円 税別)〉はだんだん元気を取り戻しました。

「そんなにあっちゃこっちゃ行けるんやったら、この奥手な僕も彼女が見つかるかもしれへん」

その様子をじっと見ていたのは3歳年上のいとこ、〈紺藍・名刺入れ君(15,000円 税別)〉です。彼は頭脳明晰ですが体が小さいことがコンプレックスで、純朴な〈生成り・ブックカバー君(15,000円 税別)〉に時折冷ややかなツッコミをいれます。ついに冷静な口調でこう言いました。
「ごちゃごちゃ言うてんと、ならファミリーのおっきい本屋さんさっさと行ってきーや」

indigo blue card case

鞄工房山本 二見

profile writer

二見のブログ記事はコチラ


Web サイトはコチラ