チョコレートに見えなくもない「胡桃色」でハッピーバレンタイン!

皆様こんにちは! 鞄工房山本の晴之です!
本日2/14は全国の男子が一日中ドキドキし続ける日、「バレンタインデー」です!
バレンタインだからいつもより元気を出しているわけじゃありませんよ! 全然いつもどおりですよ!

日本のバレンタインデーは一般的に「女性から男性に向けて愛と一緒にチョコレートを贈る日」とされています。しかし各国ではそういうわけでもないのです。
少し調べてみると男性から女性へプレゼントを贈る国も多く、その贈り物はお花が多いようです。

また、日本独特の文化「ホワイトデー」は世界から見ると不思議に見えるとか。贈り物をもらったらしっかりお返しをするところが日本人らしいのでしょうか。

私が面白いと思ったその国独自の文化は、韓国で4月14日にあたる「ブラックデー」。
バレンタインやホワイトデーで何も貰えなかった人達が黒い服を着て集まり、ジャージャー麺やブラックコーヒーなどの黒い食べ物を食べる日だそうです。その光景を想像するとだいぶシュールで笑えるのですが、これがなかなか合理的です。

というのも、ブラックデーを実行しないとさらに1年間恋人ができないとされているのです。つまり、ブラックデーを実行するということは「現在フリーで、かつ恋人募集中です」と言っているようなもの。この日に集まったメンバー内でカップル誕生なんてこともよくある話のようです。

……日本でもやりませんか、ブラックデー。

ビターチョコレートが「焦がれ色」ならミルクチョコレートは「胡桃色」

2月の初めに上の記事で紹介した「焦がれ色」に続き、別のチョコレートっぽい色の登場です!
焦がれ色より甘く仕上げました、「胡桃色」でございます!

nut brown leather goods

だいぶと牛乳多めのミルクチョコレートっぽい色合い。焦がれ色よりも甘そうです。
こちらのお色、私のブログでは初登場。それもそのはず、2月18日に販売開始の新色なのです!


二見からは2回チラ見せしました。そして2回とも私にキラーパスが飛んできていたので、今回はアイテムをお見せしながらしっかりご紹介いたします。もう一方の新色は次回お披露目しますね。

「胡桃色」の革製品と「胡桃の実の色」のランドセル

nut brown wallet book jacket business card case

長財布(小銭入れ・スナップボタン付き) 36,000円(税別)
ブックカバー(文庫本) 15,000円(税別)
名刺入れ 15,000円(税別)

「胡桃色」は胡桃の木の皮や実の外皮、根の皮など、いわば胡桃の外側を使って染めた色のことです。まさに木の実を思わせるような少し赤みがかった茶色。優しいお色ですね。

本日バレンタインデーに紹介しておいてなんですが、こちらの胡桃色全アイテム、あいにく2月18日販売開始。ですので男性の皆様、本日のお返しとしてホワイトデーに贈るのに綺麗なカラーですよ!

ところで「胡桃と言えば、確か鞄工房山本には……」と思い至った方がいらっしゃればその方は実に鋭い。革製品だけでなく、ランドセルの方もチェックしていただきありがとうございます!

2020年4月ご入学用ランドセル新製品「オックスフォード」のカラーパターンの一つに「紺×ウォルナット」がございます!

randoseru oxford navy walnut

「ウォルナット」とは直訳すると「胡桃」のこと。こちらのランドセルに合わせたステッチ色とニス色がまさしく「ウォルナット」の色なのです。でも革製品の「胡桃色」とは少し色合いが違う……
それもそのはず、「ウォルナット」とは「胡桃の実の色」のことなのです。いわば胡桃の内側の色ですね。
胡桃の外側か内側かでなかなか雰囲気が変わってきます。

nut brown walnut

今年度からのランドセル新モデル「オックスフォード」。こちらイギリスの革靴をテーマにしており「メダリオン」と呼ばれる穴飾りが本当に渋い。
前締めベルト(本体周囲にかかっているベルト)には、革の縁をギザギザに切る「ピンキング」と呼ばれるデザインを取り入れています。
まさにイギリス紳士を思わせるかっこいいランドセルです。

ランドセル オックスフォード(紺×ウォルナット) 70,000円(税込)

おっと、バレンタインデーのお話から始まった今回のブログ、いつの間にかランドセルのお話になっていました。
牛乳多めのミルクチョコレートに見えたり、ランドセルに同系統の色が使われたりしている、バラエティ豊かな「胡桃色」のご紹介でした。

次回は2月18日発売のもう一つの新色「桃色」をお見せします!

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ記事はコチラ

bag kabankobo banner
Web サイトはコチラ