父の日ギフトラッピング用のカードをデザイン。皆が抱く父親像とは?

皆様こんにちは。大型連休の序盤、皆様いかがお過ごしでしょうか。

鞄工房山本が提案する大人向けの革製品は、今鹿革小物が中心になっていることもあり、しばしば鹿がキャラクターとして登場します。母の日も、そうでした。

あっという間にもうすぐ5月、じゃあ、6月9日の父の日に向けたカードも考えましょう!
ところがいきなり壁が。

父性を表現する記号、アイコンとは?

母の日カードは、赤いカーネーションを描けばそれと認識される。
でも、父の日にはそれに当たるわかりやすいシンボル/記号/アイコンが無い。

試しにネットで調べると、巷で使用されている父の日カードのイラストは

mens_items

  • ネクタイ
  • スーツ
  • Yシャツ
  • パイプ
  • 帽子(中折れ)
  • 自動車
  • お酒

うーむ。ダンディなサラリーマン father のイメージでしょうか。しかし、今どき中折れ帽をかぶる人って、着物を着るよほど渋い方かヒップホップアーティストの両極端な気がします。偏見?

実際にはスーツを着ない働く男性や、家事を頑張る男性が大勢いるのに、不思議です。
そういえば、母の日のイメージを調べるとエプロンも結構出てきたので、「チチは会社でお仕事、ハハは家で家事」という根強い固定観念の顕れか。

日本を代表する fathers に、(できる範囲で)笑顔でご登場いただきましょう!

母の日に向けてやってみたリサーチと同じく、幅広くイメージを探すためマンガの世界に目を向けてみましょう。これで、本当に fathers はスーツなのかを検証してみましょう。

まず、日本で一番主張する father といえばこの方。ご自分が息子のパパであることを連呼する、永遠の41歳。

bakabon_papa

わたくし、小さい頃は彼にさんざん惑わされました。「天才バカボン」と大きく書いたところにこのカオがバーンと描かれていると、この人がバカボンな気がするし、でもパパってゆうてはるし。西から昇ったおひさまは東に沈むし。
ともあれ、スーツを着ない father の代表格。スーツではないが、腹巻き姿は彼の仕事着ですね。仕事なんでしたっけ。

続きまして、野比家と磯野家からは外でスーツ、家では和服のお二人です!

namihei_and

この粋な着替え、昭和のいつくらいまであった習慣なんでしょう。そういえば、波平さんは中折れ帽ですね。往来で人にあって挨拶するときの仕草が、こういう帽子だと格好がいいですよね。帽子でなくても、革の小物だって人の仕草に貢献したい。
バカボンパパ、波平さんと続けて見ると、お二人の口と鼻の間に見えるのはやはり鼻毛では無いかという疑惑が頭をもたげてきます。

若いお父さんのイメージで言うと、この方ですね。

hiroshi

しんちゃんはひろしさんに似たのですね。仕事にはスーツ。

40代後半位からの男性の記憶に残っていそうなこの人たちは?左からテム・レイさんと星一徹さんです。なんでここだけ名前をちゃんと言うかと申しますと、笑顔に無理やり描こうとしたら絵が変になってしまったからです。本当に、笑顔が似合いませんね。

rei and hoshi

レイさんの時代でもネクタイは外せないようです。スーツをきていたというよりスーツを作っていたと思うのですが。息子さんを一度も殴ったことがないこの方と、ちゃぶ台をひっくり返し息子に苛烈な特訓をさせていた星さん。笑顔が似合わないことの他にも、「鬼である」という共通点を持っています。

視野を広く持って、人間以外も、地球外生物も見てみましょう

番外編。人間でない fathers。しまった、

three papas

全裸の方もいらっしゃいますね。マジメなサイトでなんてことでしょう。全裸で帽子……。
ふわふわさんはオシャレです。ネクタイに、オーバーオール、腕まくりでガーデニングとは、素敵です。一応、リアリティに忠実に縮尺を調節したら、ふわふわさんがちいさくなってしまいました。

それから、前回奥様が登場した大柄な一家の father。

ultra_papa

さすが、いい身体していらっしゃいます。モミアゲも立派ですね。

考えてみると、これはスーツなのでしょうか。それともこういう身体?? でも、背中のファスナーのことは、訊いてはいけないことな気がします。どちらにしても奥様同様寡黙な方なので、教えて貰えそうにはありません。

もうひとり、昭和の大物。ちなみに笑顔は想像で描いたので、違うかもしれません。

sarry_papa

さて、ここまで私は遊んでいたわけではございません。ちゃんと、父性のイメージを抽出いたしました。

すなわち、

  • 大きなツノ
  • 太い眉
  • 力強い顎
  • 笑いすぎない
  • ひげ又はモミアゲ

それらを反映した鹿父の日カードとは!? 次回に続く!

鞄工房山本 二見

profile writer

二見のブログ記事はコチラ


Web サイトはコチラ