ランドセル共革パスケースを、更に掘り下げる

皆様こんにちは。鞄工房山本の二見です。

すでにこのブログでも一度わたくしから、そして二度目は王子からご紹介しているパスケース。二度あることは三度ある、さらに詳しくお見せします!

これには理由が。開設したばかりの鞄工房山本の革製品 Web サイト、まだ「黒 × ブルー」のパスケースの写真を用意できていない……

pass holder list

他にもまだ写真がない色バリエーションがあるとはいえ、この黒 × ブルーは鞄工房山本が作る男の子向けランドセルの中で大人気なのです。この色の写真がないのはちょっとさびしい。

男の子向けランドセルのスター、「黒 × ブルー」牛革バージョンのパスケース

そんな状況だったのですが、ようやく昨日、黒 × ブルーパスケースのサンプルが出来上がりました! それも、すごくきりっとして、きれいなので早速お見せしたくなりました。

black blue randoseru pass holder

パスケース(ランドセル牛革) 黒 × ブルー 5,900円(税別)

※パスケースは2019年3月末まで送料無料です。

本体の周囲だけでなく、パスを押し出せるように作ったスロットの縁にもブルーのニスを施しました。

logo on pass holder

裏面のロゴ、実は Web サイト用に京都で撮影をしたときにはロゴスタンプが間に合わず、裏面の画像を掲載できませんでした。
新しいサンプルにはロゴが入り、一層引き締まった印象です。

お気づきの方いらっしゃいますか。
このパスケース、ロゴのある方が裏面、カードポケットのある方が表面です。私達の名前が大事なのではなく、「お使いになる方がよくご覧になる面」をオモテと考えたら、こうなりました。

革を縫うミシンには通常、上糸(表面に見える糸)と、それよりも少し細い下糸(裏面に見える糸)を使用します。ロゴのある面のステッチと、ポケット面のステッチの見た目が少々違うことから、表裏がわかります。

赤・ワイン・ローズピンク・チェリーピンクのランドセル共革パスケース

ほかにも、新しいサンプルが届きました。
商品に関わる仕事をしていて、一番嬉しい瞬間のひとつが、良いサンプルが上がってきたときです。

全部いい顔をしています。上から順に、

red wine rose cherry pass holder

パスケース(ランドセル牛革) チェリーピンク 5,900円(税別)
ローズピンク
ワイン

※パスケースは2019年3月末まで送料無料です。

red pass holder

お気づきの方いらっしゃいますか。(その2)

スロットの縁には、並行して線があります。これを「ネン」といいます。
「ネン」は、「念」と書いてあるのも、「稔」も、「捻」も見たことがあります。
どれやねん。

ネンネンネンネンうるさいなー!

すみません!

久々にやってスッキリしたところで、

私は字面がきれいなのと、手縫いのセンセが「稔」と書いておられたので、「稔」派でしたが、意味から言うと「捻」なのでしょうか。下の画像で示されているのが「ネン」です。

marking on leather

「ネン」に向けた矢印をいれたくせに、ピントが合っているのはコバだったのでコバが気になってきました。

焦げ茶に塗られたコバ。このクローズアップ写真では、塗られた面が丸くなっていることがわかります。縁が角張っていると力が加わったときにダメージを受けやすいので、削って丸みを出します。これをヘリ落としといいます。小さな道具で削るときと、機械を使うときがあります。

機械で、と言っても一つ一つ人間が手と機械を使って行う工程です。革製品って、とくに「手作りですよー!」と謳っていなくても、手作業が必然的に多い。
特に、生産の流れに入っていないサンプルは時間がかかるので、パスケースのサンプルも少しずつお見せすることになってしまいました。

と、書いた途端に!

pass holder

いっぱい到着しました!
私がゴニョゴニョと能書きのような言い訳のような、を書いているうちに、黙々とパスケースを作っている人たちがいた訳です。失礼しました。(汗)

これで店頭でも、近日中に手にとってご覧いただけるようになります。

面白い、と私が思ったのは黒のこの3種類。素材は左から:

three different black pass holders

パスケース(ランドセル牛革) デニム調・黒 × ゴールドブラウン 5,900円(税別)
黒 × キャメル
パスケース(ランドセルコードバン) 黒 × キャメル 11,900円(税別)

※パスケースは2019年3月末まで送料無料です。

ランドセルほどの革の面積がなくても、それぞれの素材の個性がはっきり出ています。
Web サイトにも出来るだけ早く画像を追加いたします。もう少々お待ち下さい!

ところで、今日から2月です。久しぶりに工房近くの風景をお見せします。
寒い日が続くのに近畿地方は昨日雨。

after rain

一転して、今朝は快晴。奈良本店の前庭に、傘が広げてありました。
芝生の盛り上がっているところには昨夜の名残の霜。冬の陽だまりの光景です。

鞄工房山本 二見

profile writer

二見のブログ記事はコチラ


Web サイトはコチラ