同系色の春グラデーションはいかが? ホワイトデーのギフトにも。

皆様こんにちは。鞄工房山本の二見です。
春が来るかと思いきや、雨と寒波の戻りで戸惑ってしまいます。

400 year camphor tree and atelier nara
冬の曇り空の下、青々しさを保つ工房敷地内の楠。

寒い、なんて奈良で弱音を吐いていては、もっと寒いところにいる方に申し訳ない。
本日2/11(月・祝日)網走の最高気温は -6℃、最低気温は-12℃。橿原市は最高気温7℃、最低気温1℃。失礼しました。
なんで網走かというと、小説を読んでいただけのことなのですが。

それに、前から網走刑務所を見てみたい、と思っていたら、奈良にも歴史的建造物たる刑務所があるという話を最近人から聞いたのでそれも手伝って。

私は1900年ごろの建物が好きなので心惹かれます。

nara prison main gate
画像出典:旧奈良監獄The Former Nara Prison Webサイト

もともと明治五大監獄のひとつ、「奈良監獄」といわれていた「旧奈良少年刑務所」は、2021年ホテルとして開業するそうです。

奈良は観光スポットが多い割に宿泊施設が少ないな、と漠然と思っていたら、2017年統計によるとホテル客室数(総数)全国47の都道府県中46位!
20年ぶりくらいでブービー賞という言葉が浮かびました。
上位は1位から東京都、北海道、大阪府、福岡県、沖縄県と続きます。
興味深いのが、人口1万人あたりの客室数は総数とランキングがかなり異なる中、奈良県はそちらでも埼玉県に続いてブービー賞を獲得。

この商売っ気のなさと大阪・京都という大物に隠れてひっそりしているところが良いのです!
観光シーズンの奈良公園に行っても、人より鹿のほうが多い!
かどうかは知りません。

そんな、どちらかというと大人しく、控えめに収まっている奈良で、刑務所をホテルにしようっていう極端な話があるのが面白い。

千葉監獄・金沢監獄・奈良監獄・長崎監獄・鹿児島監獄で明治五大監獄と呼ばれているわけですが、今でも建築物全体が原型を保っているのは、着工が最も早かった奈良のみとのことです。
ちなみに今は改修中なので、見学はできないようです。昨年11月にはイベントで開放していたようなので、また何かあればぜひ行ってみたいと思います。
延々と刑務所のお話になりましたが、これも意外性ある奈良のご紹介ということで。

本題。桃色とあと一色、えも言われぬ色が新色として登場

前々回、新色発売の予告をしつつ、ヒントでこの画像をお見せしました。

plum tree with flower

賢明なる読者の皆様はおわかりだったかと思います。
この木は梅でございます。

ところが実はわたしは桃の木と思い込んでおり、桃色を新色として発売する予告をしたかったのです。(汗)
先程ネットで調べて誤りに気づきました……。危うく、実ができるまで気づかないところでした! そもそも、桃の花はもっと暖かくなってからなんでしょうね。大変失礼いたしました。

ちなみに、桃の花は花びらの先がギザギザっとなっているようです。

plum flower

はっ。いま非常に驚きました。「ギザギザ」と入力した途端に「ギザギザハート」と候補が出ました。マイクロソフトさん、力の入れどころ間違っておられませんか。念の為、私は後者を入力した履歴もございません。

話が逸れました。
こちらの花びらはまんまる。なんというハッピーなお顔。

前々回の梅の木の画像は、2/5(火)撮影でした。晴れあがって、春の陽気。
かわって2回目の撮影をした2/7(木)は、じとーっと曇って寒々としています。

それでもほんの2日間で進捗あり。
辛気臭い空の色は置いといて、蕾がふくふくっ、としてきているのがわかります。ぼんぼりです。

plum tree with buds

頼もしい。頑張れー。

え? なんですって?
新色の話はどこ行ったん?

ここからやります!

もとい、新色は桃色と、胡桃色(くるみいろ)です

桃色は皆様想像しやすいかと思います。

胡桃色って、外の殻の色? 薄皮の色? 中身? と訊かれると、確かに可能性は広く。

そんな事言いだしたら、桃だって果肉の色かもしれへんやん、というツッコミをよそに。

実は、胡桃色は殻でも薄皮でも果肉でもない、「胡桃染」の色を参考に色出ししてもらいました。
このブログを呼んでくださっている方々の中で、胡桃の殻で染色をしたことがある方はそう多くはいらっしゃらないかと思いますが、着物に慣れ親しんでいる方ならご存知かも。ほんのりピンクがかった、優しいベージュです。

久々の新色、せっかくなので鹿に置き換えてみます!そして、2色優しい色が出るのでいつもと違う雰囲気で:
walnut peach blossom colour deers

ベージュがかっている方が胡桃色、他方が桃色です。突然北欧っぽくなっていますね。
ここに、茜色を背景に加えてもキレイなのでは?

とまた脱線が始まる。

walnut peach blossom colour deers on red background

かわいい。この背景色を紺藍に変えてみたら、

walnut peach blossom colour deers on indigo background

レトロな雰囲気でこれも味があります。

あれっ、奈良ネタから始めた今回のブログ、具体的に商品をご覧いただく前にこんなに長くなってしまいました。続きはしっかりものの王子にお任せしてしまう私です。

鞄工房山本 二見

profile writer

二見のブログ記事はコチラ


Web サイトはコチラ