ブックカバー

色で選ぶおすすめブックカバー~おしゃれな紫根(紫色)~

ただでさえ綺麗なのに並べてみるとより綺麗に見える鹿革18色の中から紫根のブックカバーをご紹介。レザーグッズがお好きで小物にこだわる方にめちゃくちゃおすすめの商品です。外見も内面もおしゃれなブックカバーは一見の価値、いや、一触の価値あり!

『青い鳥』に教えてもらった、鹿革ブックカバーを使うさらなる動機づけ。

11回目の〈ディア文庫〉。初めて、有名な本でタイトルと鹿革の色の名前がわかりやすく結びつきます。有名で、みんな知っているけれどじっくりとは読んでいないかもしれない、あの本です。

2週間後の母の日のためにカーネーションではなくブックカバーを

あと少しで母の日。母の日の起源は皆様ご存知ですか? 母の日に贈るべきカーネーションに代わり、鹿革製品をお届けします。その意味を込めて贈られるギフトの方が素敵ですよね。

歴史好きのMotherたちへの母の日ギフト『日本の歴史をよみなおす』

オカン、ママ、mother、のことをいつもより思う、母の日まで1ヶ月を切りました。 学生気分を味わってもらえる(かもしれない)本を、黄金色のブックカバーに合わせて母の日ギフトとして提案いたします。

母の日・父の日迫る。桃色ブックカバーと、みうらじゅん『親孝行プレイ』

母の日・父の日で5月、6月はギフト探しの機会が続きます。例年通りの品物探しを始める前に、ぜひこの本で心の準備を。親孝行研究会による、真の親孝行塾。

長財布、with or without 小銭入れ: That is the question. (字余り)

お買い物で悩むのはたのしいという方、キライな方。この度WEBサイトで発売となる、「長財布(小銭入れ付き)」と既に御覧頂いている「束入れ」では、正直、どちらにするか悩ませてしまうかもしれません。なぜなら、私達もどちらをより強くおすすめすべきか悩んでしまうからです。

若葉色の鹿革ブックカバーに『カメレオンのための音楽』

好きな小説家と出会うのは、本からとは限りません。映画化されたときに観に行ったのがきっかけになるかも。あるいは顔写真からでも。今回は、若葉色 a.k.a. カメレオン色のブックカバーに合わせてほしい本のご紹介です。

眠れぬ夜と、憲法黒の鹿革ブックカバーには黒いミステリー

鹿革の憲法黒は、ただのベッタリな黒ではありません。革のシボの凹凸、いわば地の部分と突起が微妙な濃淡、陰影を作り出す味わい深い黒です。そんな、ミステリアスな憲法黒ブックカバーに〈ディア文庫〉が選んだのは、やはり......

学生さん、明治から昭和の小説にかぶれてください。菜の花色の鹿革ブックカバーに志賀直哉『清兵衛と瓢箪・ 網走まで』

本の虫、文学少女、小説の神様、ギターの神様、新宿の母、いろんなおかしな呼び名があります。今回のディア文庫は、そのうち、小説の神様の書いた可愛いお話,etc. を取り上げます。

焦がれ色の鹿革ブックカバーには、土井善晴さんの『まねしたくなる 土井家の家ごはん』

3月も後半。4月も近づき、はじめての一人暮らしをスタートさせるにあたり、ドキドキしている方。娘さんや息子さんの独り立ちにはらはらしているご両親。 そんな皆様にオススメしたい、ギフトのアイデアです。