二見

鹿・鹿・角・何本?柳田國男『小さき者の声』と薄藤色鹿革ブックカバー

元号が変わったばかりなせいか、最近考える機会が多い「日本人とは何か」という大きな問い。それについての本で、なぜか鹿と出会ってしまいました。

『青い鳥』に教えてもらった、鹿革ブックカバーを使うさらなる動機づけ。

11回目の〈ディア文庫〉。初めて、有名な本でタイトルと鹿革の色の名前がわかりやすく結びつきます。有名で、みんな知っているけれどじっくりとは読んでいないかもしれない、あの本です。

元気のない人がいたら贈りたい、水木しげる『ほんまにオレはアホやろか』

鞄工房山本 革製品ブログの〈ディア文庫〉は、18色の鹿革ブックカバーに、色ごとに本を合わせておすすめする企画です。10回目になる今回は、元気のない方にも効くクスリになりそうなこの本を、紫根のブックカバーに合わせてみました。

今か、いまかと発売が待たれるビジネスバッグの撮影をしました。

ある晴れた朝、鞄工房山本 本店付近でビジネスバッグのモデル撮影をしました。リュックにトートにショルダー。いい感じの写真が撮れて、残る唯一の問題は、それをまだお店できないことです......

ついに決定、父の日ギフトラッピングカード。世界中の父の日はどんなの?

今やってます、父の日ギフトラッピング用カード。って、この作業をブログでレポートするのも3回目になってしまいました。すでに、日本人の心にある父親像は検証したので今回は世界中の父の日を調べてみました。

鞄工房山本は、自然に恵まれた場所で革製品とランドセルを作っています。

5月にはいりました。連休の後半、のんびり過ごされるならば散策はいかがですか。鞄工房山本のある橿原市は、自然に恵まれた、散策におすすめしたい場所です。

Fathers に少年に戻ってもらう、『銀河鉄道の夜』 & 父の日鹿カード続き

このブログで「人々が心に抱く父親像」を考察したのが昨日のことのように思い出されます。って、昨日だったんです。本日は、早速その続きです。さて、父の日プレゼントラッピングで喜んでいただけるようなカードが出来上がるのでしょうか。それとも......。

父の日ギフトラッピング用のカードをデザイン。皆が抱く父親像とは?

母の日に続いて、父の日も準備を進めましょう、というわけで、私達が心に抱く、papa/dad/father/オトン/親父 像を集めてみました。皆さん笑顔です!

Deer, dear, dearer, dearest。Mother たちに母の日プレゼントラッピング

心に残るプレゼントには欠かせない、一味違うラッピング。鞄工房山本が母の日に向けてお手伝いします!

歴史好きのMotherたちへの母の日ギフト『日本の歴史をよみなおす』

オカン、ママ、mother、のことをいつもより思う、母の日まで1ヶ月を切りました。 学生気分を味わってもらえる(かもしれない)本を、黄金色のブックカバーに合わせて母の日ギフトとして提案いたします。