山本東京探訪 ~買ってつくれるレザーショップ KAWAMURA LEATHER~

皆様こんにちは。鞄工房山本の晴之です。

今回は山本東京探訪第二弾をお送りします! 後半戦です!
前半戦では東十条の革工房「READY OR ORDER」にお邪魔しました。詳しくは前回の記事をご覧ください。

山本東京探訪 ~東京東十条の革工房 READY OR ORDER~ | 革製品ブログ

そして今回ご紹介するのは、東京都台東区で2018年10月開店、できたてホヤホヤの革小売店「KAWAMURA LEATHER」さんです!

川村通商がオープンした革小売店

川村通商株式会社」という、皮革・薬品事業と食品事業を手掛けておられる会社が東京都浅草橋にあります。以前から企業向けの皮革卸業を行われていましたが、「より多くのお客様に革を身近に感じていただきたい」という思いから、この度、個人ユーザー向けの革の小売店「KAWAMURA LEATHER」をオープンされました。

kawamura-leather entrance

都営大江戸線蔵前駅より徒歩1分のこちらのお店からは、東京スカイツリーがばっちり見えます。

kawamura-leather tokyo sky tree

ところでこちらの革屋さん、革そのものや革製品を販売するだけの、普通の革屋さんではないんです。

革を1枚から売り、ハンドメイドの革製品を売り、そして……

それでは、KAWAMURA LEATHER さんにお邪魔してみましょう。
川村通商さんは昔から企業向けに革の卸売をされていたというだけあり、店内にはいろいろな種類の革が展示されています。

kawamura-leather leathers

壁にかけられていたり、

kawamura-leather leathers

丸められていたり。

kawamura-leather leathers

新商品もばっちり。

kawamura-leather wild boar skin

イノシシ革もばっちり。
……ん?

もちろん、ただ展示されているだけではありません。革小売店ですから、この中から気に入った革を購入することができます。(イノシシ革は購入できるかどうか聞きそびれました! 気になる方は KAWAMURA LEATHER さんまでお問い合わせを!)

企業向けの販売店だと、ある程度まとまった枚数でないと注文を受け付けてくれないものですが、KAWAMURA LEATHER さんではこれらの良質な革を1枚から購入することができます! レザークラフトが趣味の方にはたまりません。「レザークラフトに興味はあるけど、いきなり革1枚をまるごと買うのは……」という方の為にカットレザーも用意されています!

kawamura-leather cut leather

また、店内にはこれらの革で実際につくられた革製品がズラリ。

kawamura-leather bags

kawamura-leather bags

小さな鞄も大きな鞄も、

kawamura-leather leather goods

kawamura-leather leather goods

kawamura-leather leather goods

可愛らしい革小物たちもたくさん置かれ、すべて購入することができます。
こちらの革製品たち、常駐されている店員さんお一人の手でつくられたということで、びっくりです。

と、ここまではよくある一般向けの革屋さんとあまり変わりませんが、ここからが KAWAMURA LEATHER の一味違うところ。
なんと、KAWAMURA LEATHER では「買った革をその場で加工できる」のです! それも、単に作業場所を貸してくれるとか、工具を貸してくれるとか、ミシンを貸してくれるとか、その程度の話ではありません。およそレザークラフトに必要な工程すべてを、このお店で行えます。

革加工に必要なスペース・機械を無料で使えます

百聞は一見にしかず。もう少しお店の奥を覗いてみると、たくさんの機械が現れます。

kawamura-leather machine

クリッカー(金型を使って革を裁断する機械)や、

kawamura-leather machine

kawamura-leather machine

革漉き機(革を薄く削ぐ機械。上は革全体の厚みを、下は革の縁など一部の厚みを薄くする)、

kawamura-leather machine

もちろんミシンと、

kawamura-leather machine

なんと箔押し機(熱と圧力で革に印字する機械)まで。

細かな作業をしたい人のために、作業スペースも設置されています。

kawamura-leather workbench

機械にテンションが上がって撮り忘れてしまいましたが、革1枚を広げられる大きな作業台もありました。

これらの設備すべて、KAWAMURA LEATHER で革を購入した方に限り、使い放題なんです。職人・玄人・素人、関係ありません。誰でもいつでも使い放題です。機械の扱いがわからない方には、店員さんが丁寧に教えてくれます。
「無料」という点も嬉しいのですが、「いつでも使える」ということもなかなか重宝されているそうで、お休みの日にふらっと立ち寄り、ちょっとだけ革を漉いてミシンをかけて帰る、なんてお客様も日常風景だとか。

よっぽど凝ったつくりのものでなければ、革製品のすべての工程を店内でまかなうことができます。実際に、置いてある革製品はすべて店内の設備でつくられたものでした。
まさに、冒頭の「より多くのお客様に革を身近に感じていただきたい」という思いを、そのまま実現したような革屋さんです。

ちなみに、店内のテーブルや棚はすべて社員さんたちによる DIY だそうです。天井のペンキ塗りまで。すごい。

今回ご紹介した川村通商さんの KAWAMURA LEATHER、長い歴史を持つ会社ではありますが、革小売店としてはまだまだ新しいお店なので、ご存知ない方も多かったのではないでしょうか。レザークラフトに少しでも興味があれば、近くへご用の際には是非とも立ち寄ってみてください。自分ではつくらないけど革製品が大好きという方ももちろんどうぞ!

では前回同様、KAWAMURA LEATHER 代表の川村洋一郎さん(左)と、鞄工房山本社長の山本一彦(右)の2ショットでお別れしましょう。

kawamura-leather presidents

KAWAMURA LEATHER

住所 東京都台東区駒形2-2-10 ファインライフ駒形 1F
Tel 03-6841-0038
ウェブサイト 近日公開予定
SNS Facebook/Instagram

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ一覧はコチラ