山本大阪探訪~何度目の大阪、最後の大阪~

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

もう何度ランドセルと革製品の展示会を開きに大阪に来たのでしょう。いつお邪魔しても大阪の皆様は快く迎え入れてくださいました。
ですがそれも今回の大阪展示会が最後でした。寂しい限りですが、山本大阪探訪、本日のブログにて締めくくらせていただきます!

展示会場は変わってハービス PLAZA

今まで大阪に伺ったときは福島駅近く、「TKP ガーデンシティ大阪梅田」で展示会を行わせていただいておりました。
今回は少し梅田駅に寄って「ハービス PLAZA」で開催いたしました!

こんな見晴らしのいいところでのランドセルの展示会。十分な明るさでランドセルの鮮やかな色合をご覧いただけたのではないでしょうか。

osaka exhibition

ハービス PLAZA 内でお昼ご飯

こちらのビル、会場の貸出だけでなくファッション、レストラン、様々な施設が充実しております。結婚式場や劇団四季の劇場まであるようです。何でもビルです。
ということでお昼ご飯はレストランフロアでお蕎麦をいただきました。

osaka soba noodles sojibo

蕎麦のチェーン店といえば安定の「そじ坊」さん。ねぎおろしそば定食を美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

会場内の様子

もう準備と片付けは手慣れたものです。いつもどおりランドセルと革製品を並べまして。

osaka exhibition

osaka exhibition

開場するとやっぱり開場直後にいらっしゃるお客様が一番多い!

osaka exhibition

osaka exhibition

ランドセルを置いている棚付近が混み合いましてご不便おかけしたかと思います。申し訳ございませんでした。

大阪では展示会を開かれているメーカーさんも多く、ランドセル展示会ツアーのようなものをそれぞれのご家族で組まれていそうな気がします。
お子様も、お母様お父様も納得して「これがいい!」と言っていただけるランドセルに皆様が出会えることを願います! もしそれが当店のランドセルであったなら幸せであります!

5/21現在のランドセル速報

当記事投稿5月21日(火)現在のランドセル在庫状況をお伝えします! 今後の変動はございますので、リアルタイムの情報は鞄工房山本のランドセル Web サイトをご確認ください!

完売商品

  • アンジェール(赤、パウダーピンク)
  • ドゥ・ラフィーネ(赤)
  • オールコードバン(赤)

完売商品をご希望のお客様はキャンセル待ちのお申込みとなります。また、旧モデルをご案内できる場合がございますので、詳しくは鞄工房山本奈良本店までお問い合わせくださいませ。

在庫本数が少なくなっている商品

  • レイブラック・ノイ(黒×オレンジ)
  • ブルロッソ(黒×レッド)
  • フィオーレ・ブロッサム(黒、チェリーピンク)
  • オールコードバン 夢こうろ染(ワイン)

あと何本残っているかはお伝えしかねますのでご了承ください。
いつ売り切れるかわからないので、ご希望のお役様はお早めにご検討くださいませ!

Web サイトの各商品ページからも在庫状況はご確認いただけます。そちらもご参考にしてください。

ランドセル展示会のあとは福島へ繰り出しましょう

ハービス PLAZA からですと少し歩きますが、福島駅の方へ行くと美味しいお店がたくさん。ご家族で入れそうなお店もございます!
せっかくですので、以前私が訪ねた焼き鳥屋さんをご紹介します。

炭火焼鳥コクレ

おしゃれで美味しい焼き鳥屋さん。ご家族では入れそうなお店と言っておきながら、夫婦水入らずがぴったりなお店かもしれません。失礼しました。私は残念ながら友人と行きました。

まずお通しがこちら! 茶碗蒸し!

osaka grilled chicken coquelet

もうおしゃれです。卵の殻に一見プリンのような可愛らしい茶碗蒸し。
肝心の焼き鳥はもちろんどれも美味しかったのですが、一際印象強かったのが「たまひも」。

osaka grilled chicken coquelet

食べ方に迷って困っているとクールなマスターが「一口で全部どうぞ」とアドバイスを。その食べ方で間違いありませんでした。
味は簡単に言うとめちゃくちゃ濃厚な黄身。旨みを詰めに詰めた黄身でした。

おしゃれに美味しく焼き鳥を食べたい方は是非行ってみてください。ごちそうさまでした。

さて、冒頭でも申しましたが鞄工房山本は今年、大阪で何度も展示会を開かせていただきました。日数で言うと13日間。そのうち私は6日店頭に立たせていただいております!
そんな愛着のある大阪で展示会を開くのは今回で最後……のはず。
今の所開催する予定はございませんが、ご要望が多くてもう一度開催することはなきにしもあらずです! その時はいつもどおりよろしくお願いいたします!

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ記事はコチラ

bag kabankobo banner
Web サイトはコチラ