山本大阪探訪~大阪梅田にてランドセルと鹿革製品の展示会~

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

先週末は展示会で大阪に行ってまいりました。横浜ほど遠くはありませんが、プチ遠出です。
もはや奈良からはどの土地も遠いのです。京都の高校に通っていた頃、友人からは「奈良県橿原市に入るのにはパスポートがいる」と吹聴されていました。そんなわけありません。

大阪といえば粉もん。ではなくラーメン

大阪の名産を聞かれてすぐに頭に浮かぶのはやっぱりたこ焼きやお好み焼きなどのいわゆる粉もん。ですが、そんなどストレートなところは攻めません。
会場は TKP ガーデンシティ大阪梅田でしたが最寄り駅は福島駅。福島といえば……
そう! ラーメン激戦区ではありませんか!

実は私、大学生の頃は仲間内で「ラーメン部」と名乗ってラーメンを食べ歩きまくっていたほどラーメン好き。
京都でいえば一乗寺、奈良でいえば富雄、そして大阪でいえば福島が美味しいラーメン屋さんが集まる土地なのです。
今回はコチラの「つけ麺みさわ 本店」でいただきました!

/osaka ramen noodles misawa

どこのお店でも「本店」と名前がついているところは惹かれます。
つけ麺屋さんですが、ラーメンの気分だったので「みさわ流煮干しラーメン」をいただきました。
煮干しの味も強すぎず、ラーメンには珍しく生姜が入っています。これがいいアクセント。その時の私の気分にちょうどいいお味で美味しくいただきました。
メニューを見ると「梅干しつけ麺」や「煮干つけ麺」など、まだまだ楽しめそうなメニューがありました。再訪アリです!

横浜に続く大好評! 大阪ランドセル展示会

しれっと山本大阪探訪グルメ編を始めていましたが、どこかへ探訪したときは必ずついてくるものと思っていただいて良いかもしれません。それだけ食は大切です。

さて本題! 先週末、3月23日(土)と24日(日)は TKP ガーデンシティ大阪梅田にてランドセル&鹿革製品の展示会を開催しました!

osaka leather goods randoseru exhibition

ご覧の通りの大好評! なんとその前週の横浜の来場者数を軽く凌ぐ多くの方々にお越しいただきました!
21日から始めた展示会限定キャンペーンもご好評いただき、たくさんの方に鹿革製品500円 OFF クーポンをお渡しすることができました。これをきっかけに鹿革製品をもっと手にとっていただきたいです!
展示会限定キャンペーンについて詳しくは下のブログ記事をどうぞ! 記事下部に書いております。

しかし、いくら全国で展示会をやってるからとはいえ、実際にお越しいただけない方ももちろんいらっしゃいますよね。
「展示会や実店舗に行けないけど鹿革製品に触れたい!」方や「鹿革に触れたときのあの感動をもう一度味わいたい!」方は無料の鹿革サンプルをどんどん請求してください!

deer skin sample request

基本的に私は鹿革製品のブースでお客様とお話をしていたのですが、時にはランドセルのご説明に伺うなど、皆様のおかげで充実した展示会にすることができました。
あまり写真を撮れなかったことだけが悔やまれます!

osaka randoseru exhibition boys

男の子にオススメランドセルスペースと、

osaka randoseru exhibition girls

女の子にオススメランドセルスペース。

『実際にお聞きしたお客様の声にお返事するコーナー』

現場でお聞きしたお客様の声はもちろん大事に持ち帰らせていただいています!
その中でも、実際に頂いたご質問への回答をブログ読者の皆様と共有することができればと思い、この記事から新しいコーナーを立ち上げます。
その名も!

実際にお聞きしたお客様の声にお返事するコーナー』!! パチパチパチパチ。

ご質問1:「500円引きはランドセル購入時に使えますか?」

もっとも多かった質問がコチラでした。答えは非常に申し訳ないのですが、「No」なのです。
ランドセルと鹿革製品のそれぞれの Web サイトは別のものなので、会員登録もそれぞれ異なるものなのです。それゆえ、お値引きなどのサービスもそれぞれのサイトごとのものになります。

ランドセルと革製品、どちらのサイトも会員登録していただければ非常に嬉しいです!
どちらにも鞄工房山本自慢のアイテムが並んでおります!

ご質問2:「束入れじゃない小銭入れ付き長財布が欲しい!」

以前の私たちであれば、「申し訳ございませんが、そちらのアイテムは店頭限定発売でございます。Web サイトでのお取り扱いはございません」とお返事しておりました。
ですが! 皆様のご要望にお答えし、Web サイトでも取り扱うことが先日決定致しました! やったー。
詳しくは後日、記事としてお書きしますね。乞うご期待!


ということで、初回はこれぐらいで失礼します。
展示会でたくさんのご意見を頂戴することができて、本当にいい機会だなと感謝しております。
お聞きするだけでなく、皆様にお返しできるように日々邁進してまいります! これからもどうぞよろしくお願いします!

鞄工房山本 晴之

profile haru

晴之のブログ記事はコチラ

bag kabankobo banner
Web サイトはコチラ