鞄工房山本と染工房夢祐斎が手がける名刺入れ、お見せします

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。

冒頭の挨拶ですが、実はいつも迷っています。
ブログを書くのは昼間だったり夜だったりまちまちです。そこで、「こんにちは」と「こんばんは」、どちらで挨拶すべきか。
私がブログを書く時間帯に挨拶を合わせても、皆様に挨拶が届くのは皆様お一人お一人がブログをご覧になるタイミングです。そのタイミングがお昼の方もいれば夜の方も。いっそのことお昼も夜もつかえる挨拶はないものか。

私は大学時代、体育会の部活動に所属しており、挨拶は「おはようございます」か「お疲れ様です」の二択でした。その日、先輩に会う時間帯が夜でも「おはようございます」。先輩が特に疲れていない日でも「お疲れ様です」。何かが変でした。でも挨拶をしないのはもっと変。

当時のジレンマを思い出しながら、私は毎日、皆様に「こんにちは」と挨拶をし続けるのです。

太陽の光と「夢こうろ染」

夢こうろ染」という、特殊な染色技法があります。この染色、なんとも不思議なもので、太陽の光に照らされると色が変わるのです。少し赤みを帯びるように、鮮やかな色合いへと。

夢こうろ染は京都嵐山の染色作家、奥田祐斎氏の手によるものです。

yume kouro dyeing description

鞄工房山本と染工房夢祐斎のコラボレーション長財布のご紹介 | 革製品ブログ

以前、上の記事で夢こうろ染を取り入れた長財布をご紹介しました。しかしそれだけでは飽き足らず、夢こうろ染で名刺入れまで染め上げちゃいました! 今日はそんな名刺入れのご紹介です。

夢こうろ染の名刺入れ。ハケタッチだったりボーダーだったり

yume kouro dyeing card case

  • 名刺入れ(夢こうろ染) 30,000円(税抜き)

太陽に向かって、戦隊ヒーローを思わせるような出で立ち。この4パターンの夢こうろ染名刺入れをご覧いただきましょう。屋内撮影と屋外撮影どちらも掲載していきますね。

まずは我々がツートーンと呼んでいるこちら。

yume kouro dyeing card case two-tone

yume kouro dyeing card case two tone sunny

紫の部分に注目です。屋内(上)では濃い紫が、屋外(下)では少し明るい赤紫に。どちらにしても落ち着きのある色合いです。
さて、皆様にうまく伝えられているかどうか。自分のカメラの腕が恨めしい。私の機材(iPhone X)に罪はありません。

気を取り直して、モノトーンボーダーです。

yume kouro dyeing card case black and white

yume kouro dyeing card case black and white sunny

これに使われているすべての色が夢こうろ染というわけではありません。このパターンですと、真ん中2本のグレーの線と、左の紫の線が夢こうろ染染料のようです。
どちらも明るく鮮やかになりました。さっきより上手く撮れた気が!

そしてこれぞ手染め! 祐斎氏の感性がそのまま染料にのったようなハケタッチ

yume kouro dyeing card case brush

yume kouro dyeing card case brush sunny

すべての夢こうろ染が手染めで一点ものですが、フリーハンド感の強いタッチになると、より一層特別感が増す気がします。
ふたつとして同じものがこの世に存在しない、というのも夢こうろ染の大きな魅力です。

最後はイチオシです。ボーダーとハケタッチをかけ合わせました、ハケボーダー

yume kouro dyeing card case stripe and brush

yume kouro dyeing card case stripe and brush sunny

右半分のボーダーが太陽に照らされると赤みを帯びているのがわかります。また、中央付近の点も色が変化。祐斎氏の遊び心が垣間見えます。

今回は4つのパターンをご紹介しましたが、店頭には今回紹介できなかったパターンのものも置いてあります。
そして夢こうろ染はすべて一点もの。これと決めたものがいつの間にか売り切れていた! なんてこともあるのでお早めに店頭までいらしてください。

何よりも、実際の色の変化をご自身の目で確かめてほしいと、切に願います。私のカメラでは収められない、夢こうろ染の幻想的な世界を是非ご覧ください。

それでは、祐斎氏によって染め上げられた夢こうろ染のタペストリーをバックに、名刺入れの集合写真でお別れしましょう。

yume kouro dyeing card case all pattern

鞄工房山本 晴之

profile haru